普段から目にしているOPP袋とは一体何か

普段の生活を考えると、袋というのはだれもが使うものでしょう。
何か特別なものの場合もありますが、透明な袋を使うことは、何か珍しくはありません。
買い物したりした時でも、レジでもらうこともあります。
洋服を買ったときに、放送でつけられていたりすることもあったりするでしょう。
それだけ、袋というものは、身近な存在であるといえるのです。

様々な部門で使われるOPP

袋と一口に言っても、実にたくさんのものがあります。
その中で、OPP袋と呼ばれるものがありますが、こうした名称で呼ぶと、どんなものだかわからないのが日本人かもしれません。
OPPとは2軸延伸ポリプロピレンと呼ばれる材質を使った袋のことを指しています。
袋だけではなく、様々なものに使われている素材で、容器や実験器具に使われることもある素材です。
比重がとても小さいわりに、強度が強いことが特徴で、湿気を吸い取ったりしません。
こうした樹脂製のものの中では、熱にも強かったりすることも一つの特性になっています。

カーペットやロープ、ネットや衣料品に使われたりすることもありますが、一番目にしているのはOPP袋でしょう。
フィルム上に加工されたもので、たばこの容器包装に使われているのが、このOPP袋なのです。

つやがあり訴求効果を高められる特性を持つ

OPP袋の特性として、引っ張っても強い特性があります。
ですが、横の部分は抵抗が弱く、裂け目から避けやすい特性も持っているのです。
光沢もあるので、小さな商品を包んだりするのにも向いていますが、その代わり液体物や粉末は向きません。
商品など中に入れたものをアピールしやすく、ディスプレイ用にも向いている袋になっているのです。
紙と同様に印刷することもでき、訴求効果を高めることもできるため、多くのところで使われています。
素材として塩素を含まないため、燃えてもダイオキシンが発生しない環境にやさしい素材でもあるのです。
こうした点からも、商品をパッケージする際には、重要な袋として使われています。

汎用性も高いため、本当に多くのものに使われていますが、DMのように内容物をきれいに見せたりするのには、もっとも向いているといえるでしょう。
そのほかにも店頭カタログに使ったりする方法もあります。
つやがあるということをうまく生かすと、相乗的に効果をあげられる袋といえるのです。